ケータイ小説 野いちご

いつまでも君と奏でたいメロディ

1-1、放課後の音楽室での出会い1
1-2、放課後の音楽室での出会い2

零:母さん間違ってるよ、お兄ちゃんを父さんは庇ってかもしれないけど、怒ってない気がするの。もし、そうなら怪奇現象とか良く言われてるけど、何かしら家に起きてるはずだよ。起きてるかな?。


桜:起きてないけど、悠のせいだと思わないと気持ちが持たないの。もし、父さんが生きてたらと考えてしまうの、でも零が間違ってると言ってくれて良かった。遅いかもしれないけど、取り返しがつかなくなる前で良かったもうすぐ、進路を決めて進学なら準備必要だから話してみるわ。ありがとう、零。


零:良かった、寝るね。おやすみ、母さん。


桜:おやすみ、零。


-次の日、悠にとって、冬馬と楽器弾いてる時間が唯一の癒しだったが、昨日からは冬馬、楓ちゃん、零、俺のバンドsnowcrysisを結成してますます心の安定に熱心にギターを弾いて冬馬の音色に合わせた。悠は零の検診には行かないつもりで朝早くに学校でギターを弾こうと玄関へ向かうと母親に止められた…。いままでなら無関心な母親だったので悠は驚いた。


チリン-。


悠:父さん、行ってきます。


桜:悠、待ちなさい。話があるから座って。


悠:いつもなら俺が早くに出かけても気にしないのにどうしたの?、母さん。



< 9/ 159 >