ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

イジワルな彼は私を溺愛しています

いきなりの同居
同居スタート

放課後。
私の気分とは裏腹に今日は今年一番の暑さで、太陽が輝いている。

「お母さん、ちょっといい?」

「なに?」

私は今、コンビニの従業員スペースで母と向かい合わせに座っている。

「私、中島先輩と付き合うことになったの」

「ふーん……えぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

ノリツッコミをしないでほしい。

「有紀、和海くんと付き合うの!?」

「声デカいから」

「あ、ごめんなさいね」

母は社会人の子供がいるとは思えないくらい若くて美人なのにこれでは大阪のおばちゃんだ。

「それでね、一緒に住むことになったの」

「えっ?」

「急に悪いとは思ってるけど……」

「分かったわよ。和海くんなら大丈夫でしょう!」

「え…?あ、うん…。ありがとう。バイトは続けるから」

「はいはい」

母は有り得ないくらい早く了承した。

< 19/ 120 >