ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

双子社長のギャップ萌え。(大幅に加筆修正済み)

プロローグ。
副社長・朔夜とは……?


「おはようございます」

私は、とりあえず挨拶する。

「あ、おはようございます」

市原さんが気づいて挨拶を返してくれた。

「早いですね。まだ20分もあるのに」

「社長より早く出勤していないといけないので
当然の事です。
それに今日のスケジュールの確認と
準備をしないといけませんし。
あ、これがあなたが今日行うはずの
スケジュールです」

そう言い私にスケジュールが書いたファイルを
渡してきた。

えっ!?私の分まで……。

「ありがとうございます」

「スケジュールの組み立て方は、
のちに詳しく教えます。まぁ、私が居る限り
その必要がないと思いますが……」

そう言い眼鏡を上げる市原さん。


< 29/ 373 >