ケータイ小説 野いちご

双子社長のギャップ萌え。(大幅に加筆修正済み)

双子のお姉様。


ズンズンと中に入って行くと
リビングの方に向かった。

勢いよくドアを開ける。

「朔夜~響華お姉様が来たわよ~」

だが居なかった。

あれ?さっきまで居たのに……。

「もったく。相変わらず逃げ足は、速いわね」

そう言うと出て行く。
向かった先は、副社長の部屋だった。

ガチャッとドアを開けようとしたが
鍵をかけられていて入れない状態だった。

するとお姉様は、思いっきりドアを叩きだした。

「ちょっと朔夜。そこに居るんでしょ!?
お姉様が来たんだから顔を見せなさい!!」

勢いよく叩く姿に圧倒される。
ある意味、副社長と違う怖さがあった。

「あの…お姉様。
そんなに叩くとドアが壊れますよ!?」

「大丈夫よ……これぐらい。
朔夜。聞いてんの!?」


< 287/ 373 >