ケータイ小説 野いちご

双子社長のギャップ萌え。(大幅に加筆修正済み)

朔夜の嫌がらせ。
兄弟の歪んだ絆。


「さぁな。それに、いちいちお前に言う必要はない。
俺が自分のモノに対して躾をしたまでだ。
俺に指図をするな」

副社長は、殴られた時についた唇の血を
拭きながら平然とした態度で言ってきた。

それにカッとした社長は、
副社長の服を掴んだ。

「お前は、自分のした事が分かっているのか!?
一歩間違えたら萌を殺すところだったんだぞ!!
それだけではない。
お前は、萌に対しても失礼なことばかりしやがる。
萌や俺を何だと思ってんだ!?」

社長は、私のために副社長に怒ってくれた。

しかし副社長は、平然と……いや。
さらに冷たい表情で 

「離せ。アイツをどうしようが
お前に指図をされる必要なんてない。
フッた立場の人間が」

社長を挑発してくる。まるで
わざと怒らせようとしているように見えた。

副社長……?

そうしたらキレた社長は、副社長の離すと
ギロッとに睨み付ける。

「もういい。お前の行動には、
正直もう我慢の限界だ。俺は、この家を出て行く。
萌を連れて行くからな」

えぇっ!?
出て行くって……社長がですか!?


< 217/ 373 >