ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

双子社長のギャップ萌え。(大幅に加筆修正済み)

プロローグ。


私は、立花 萌(たちばな もえ)

今年の春に希望していた
香月財閥の本社に第2秘書として働くことになった。

この会社の凄いところは、
世界中のネットワークや商品、数々の会社などを
経営して全て成功させている。
日本だけではなく世界でもトップクラスの財閥だ。

こんな凄いところによく私みたいなのが
採用されたのか、今でも疑問に思う。

採用試験の時も何百人もの応募があった。

皆さんと何グループに別れて面接をしたのだが、
それぞのアピール方法は、素晴らしかった。

高学歴だったり
特技から趣味や資格など経験豊富。

どう考えても私より上の人ばかり。

私がアピールをすると言えば
必死になって修得した秘書検定のみ。

学歴も普通どころか奨学金で何とか卒業したし
これと言った資格もない。
趣味は、家庭菜園と裁縫ぐらいだ。

間違いなく落ちると思っていた。

でも、お母さんのためにも必死にアピールをした。
例え笑われようが……。


< 1/ 373 >