ケータイ小説 野いちご

セーヌ川に魅せられて~パリジャンとの淡い恋~

繋がるキモチ【END】




「レイ、好きだよ。」



「アラン、好きだよ。」






もう一度、キスをした。




アランのサラサラの髪が太陽の光を浴びてキラキラ光っていた。





私は渡された封筒を開けようとした。



「レター??」




アランは人差し指をその封筒の上に乗せて首を振った。




そして、空を指差した。




その先には、飛行機が飛んでいた。





「あとでってこと?あとで読むね!!」





私とアランは手を繋いだまま、その橋の上を何往復もした。





別れるのが寂しくて

ずっと一緒にいたかった。




でも、さよならじゃない。





気持ちが通じ合えた。





だから、昨日のような悲しい気持ちじゃなかった。


すがすがしい別れ。







「オーボアーーーー!!」



「バイバイ!!」




元気に手を振って、笑顔いっぱいで別れた。











< 42/ 46 >