ケータイ小説 野いちご

セーヌ川に魅せられて~パリジャンとの淡い恋~

デート





その日の夜は、興奮して眠れなかった。

それは私だけじゃなく聖と悠希も同じだった。



「アランいいじゃん!!」


「国際結婚とか憧れちゃう!!」



夜中までアランの話で盛り上がる。



夢じゃないよね・・・



たまたま出逢った料理店の店員さんのアラン。


優しい笑顔と綺麗な瞳、そして、何とも言えない温かい雰囲気。



アランのこと、何も知らないはずなのに・・・


今は、何でもわかる気分だった。



言葉が通じないのに。

あんなカタコトの下手くそ英語しか話せない私なのに、

アランは私をわかってくれてる。




「でも、まさかデートの約束しちゃうなんてね。」


< 22/ 46 >