ケータイ小説 野いちご

ずっと、ずっと大好きだった。

幸せな日々。



今日で、瑠樹斗と付き合って二ヶ月目。



瑠樹斗が甘々な溺愛彼氏に大変身。




いつもの会話さえも甘くなる?




場所は学校。時は放課後。




「瑠樹斗!甘いもの食べに行こ!」






「甘いものかぁ〜……良いね!

何にするか決めたの?」





「う〜ん……ケーキがいいな!」







「いいねぇー!」

< 63/ 67 >