ケータイ小説 野いちご

ずっと、ずっと大好きだった。

冷たい彼
本当は…



瑠樹斗side



俺には、彼女がいる。杏華って言う子。



杏華から、俺に告白してきた。俺も好きだったから



嬉しくて、杏華が帰ってからガッツポーズして



喜んだほど、嬉しくて死んでも良いと思ったほど

嬉しかった。



今、思えば はたから見れば頭のおかしい人


だっただろうな…と、思う。



< 12/ 67 >