ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

嘘吐きたちの末路(短編集)

僕は嘘つきだ


【僕は嘘つきだ】




 僕は嘘つきだ。

 その嘘をきみは「たちの悪いサプライズ」と言って笑って許してくれた。

 でも、今度ばかりは許さないでほしい。

「おまえは寂しがり屋だから、俺より先に逝けよ」「俺がよぼよぼのじいさんになっても、しわしわのばあさんのおまえを大事にするよ」
 このふたつは、僕の人生で最大にして最悪の嘘になってしまった。


 僕を許すきみが悪い。僕を甘やかしたから、僕はきみに数々の嘘をついてしまった。
 いや、一番悪いのは、守れもしないことを言った僕か……。


 もう「おまえが好きだよ」は嘘偽りのない言葉だったと、伝える術はない。
 きみがどんなことを想い、どんな風に生き、どんなに美しいしわを刻んだおばあさんになるのかも、僕は知ることができないのだ。

 伏せた目は、重くてもう開かない。






(了)

< 8/ 8 >