ケータイ小説 野いちご

嘘吐きたちの末路(短編集)

嘘吐きたちの末路


【嘘吐きたちの末路】





「ごめん、ちょっと会議が長引いてて。何時までかかるか分からないから、今日はそっちに行けないわ。ごめんな、今仕事立て込んでて。今週はそっち行くの難しいかもしれない」

「そっか、分かった。仕事なら仕方ないよ。仕事しながら毎週末行き来するもの大変だし、今回はやめとこ。わたしも今日は積読本読んでゆっくり寝るね」


 電話でそんなやりとりをしたあと、すぐ新幹線に飛び乗った。

 彼の転勤で遠距離恋愛になって数ヶ月。毎週末、どちらかが新幹線に乗って会いに行き、一緒に二日間を過ごす、というのを続けていた。

 でもお互い仕事があるし、こんなことずっと続けられるわけがない。いつかは会えない週末がやってきる、と。分かってはいるのだけれど。
 せっかくここまで続けたのだから、今週末も会いたいという、いわば意地だった。


 が。

 彼の部屋に着き、夕飯の用意を終えたけれど、いつまで経っても部屋の主は帰って来ない。

 良いことも悪いこともあれこれ考え、連絡したほうがいいか、そわそわし始めたとき。

 テーブルの上のスマホが震えた。彼からの着信だった。
 恐る恐る電話に出ると、聞こえてきたのはやけにご機嫌な彼の声。

「今大丈夫? もう寝た?」

「や、起きてたけど……」

 そして歩きながら通話しているのか、靴音がして、それに合わせて少し声が弾んでいた。





< 3/ 8 >