ケータイ小説 野いちご

学校一の人気者に告白されました

最悪な状況side陽向

陽向side



カラオケの店につくなり、数人の女子に囲まれた。



「陽向くん、一緒に歌おう?」



「歌うまーい!もっと聞きたいなぁ」



女子にもてはやされ、調子のいい俺は時間が過ぎるのを忘れ歌うことに没頭していた。








「おい陽向~、少しはマイクまわせよ」



「ははっ、そだな」



友達に言われ役割交代。



盛り上げすぎて喉が枯れてきたこともあり、いったん部屋を出ることにした。



トイレに向かっていると、後ろから誰かに引っ張られた。



ん?



「陽向くん、あたしのことわかる?」



同じ部屋にいた女が俺のあとをつけてきていた。



名前は…覚えてねぇ。




< 75/ 279 >