ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君がそばにいてくれた

あとがき



はじめまして、またはお久しぶりです

琴織ゆきです!


つい先日、『背中合わせの運命論』を完結公開したばかりですが、こちらも完結したので公開させて頂きました。

背中合わせ〜とはずいぶん違ったテイストのお話ですが、久々のピンク系の内容となっています!


でも甘々〜なところは少なかったかなぁ、と思ってます笑

不器用な一途な男の子が書きたくて、今作の蒼葉くんは生まれたわけですが、みなさまいかがだったでしょうか。


今作の大きなキーワード『タイムスリップ』。キーワード設定で『プ』が入らず『タイムスリッ』となっているのは、お見逃し下さい笑

大切な恋人のために、未来からやってきた蒼葉くん。

大切な友達のために、未来からやってきた有紗ちゃん。

フラれながらも好きな子のために色々と頑張ってくれている麻野くん。

そしてなにより、主人公の花鈴。

どのキャラも、癖はあるけれどとても思い入れのある子たちになりました。

4人いたからこそ、出来上がった物語だったと思っています。


そして今作は私としては恋愛ファンタジーという認識ではなく、純粋な恋愛小説を目指して書きました。

わりとペースが早くなってしまい、読みにくいと感じた方もいらっしゃるかもしれません汗


それでも、私が書きたい恋愛ってなんだろう?

そう考えた結果がこの作品になったので、書き終えた今はほっとしています。

ただいま次作を執筆中ですが、不思議ですね。こんなにも恋愛って色んな形があるんだなぁ、としみじみ笑

(次作についてはファンメを送らせて頂きます)


楽しかったり、切なかったり、息をするのも苦しかったりする恋愛ですが、きっと生きていく中で欠かせないものなのでしょうね。

書き手としては勉強、勉強、勉強……追求しても追求し切れないほど奥が深いです。

これからも精進していきますので、どうぞよろしくお願いします!

ひと言でもレビューや感想を残して頂けたら嬉しいです(*´ー`)


それでは!


☪琴織ゆき

< 265/ 265 >