ケータイ小説 野いちご

彼氏売買所

新しい彼氏

「やっぱり、気になった?」


ひと気のない渡り廊下まで移動してきて、真由がそう聞いて来た。


「うん……」


あたしは他の生徒がいないことを何度も確認してから、頷いた。


「だよねぇ。だって簡単に大金が手に入るんだもんね」


真由はそう言い、制服の下に隠していたネックレスを見せて来た。


ハートのダイヤモンドがはめ込まれているものだ。


「これ、バイト代で買ったの?」


驚いてそう聞くと、真由は「もちろん」と、頷いた。


「学校内には持って来れないけど、家にはブランド物のバッグとか靴とか沢山あるよ? ちょっといい男をひっかけたい時はそれを使ってOLのふりをしてナンパされるの。いい男はお金になるし、恋人ごっこをしてる最中も気分がいいしね」


真由はそう言い、ネックレスを制服の下に入れた。

< 79/ 281 >