ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

彼氏売買所

誘惑

その後、あたしはなかなか寝付く事ができず、眠りについたのは5時を過ぎてからだった。


寝ぼけ眼のままリビングへ下りて両親の顔を見ると、2人ともいつものように笑顔を向けてくれた。


あたしの前ではいつもそうだ。


前日の夜にどれだけ喧嘩をしていたって、笑顔を向けてくれる。


けれどあたしはそれを嬉しいとは感じなかった。


あたしだってもう高校生だ。


少しくらいは両親の役に立つかもしれない。


それなのに、1人だけ仲間外れにされているとような感覚だった。


「おはよう愛」


にこやかなお母さん。


「今日も勉強頑張るんだぞ」


娘思いのお父さん。

< 70/ 281 >