ケータイ小説 野いちご

きづいたら「はつ恋」

はつ恋が
実る

今日は、体育の時間。バスケットボールと、バレーボールを分かれてやっている。

だけど集中出来ない。

昨日のことで、頭がパンパンなのだ。

もう、頭は、ぐるぐると、昨日のことがめまぐるしく回っている。

「あっ!!桜那!ボール!!」

「へ?」

振り向いたのは、遅かった。

コートを反面ずつ使っていた、バレーボールと、バスケットボールが、飛んできて、私の顔面に、ヒット!

ボッコドッコ

「大丈夫?桜那?」

「...起きないの?俺が運ぶよ。」

ここまで聞こえて、気を失った。

*保健室*

「先生..いないのか...ベッド借りマース。」

あっ..なんかここふかふか

「桜那..........」

チュッ

「早く起きろよ...俺が...寂しいだろ?...」

優しい声...起きろって言ってるから起きたいな..

「んッ?んーー?」

「桜那?桜那?」

「はーい?だーれ?」

「起きたー。」

目の前にいたのは、美紗と愛香。

「おはよう!みーちゃん。あいちゃん。」

「おはよう。」

「今、何時?」

「今、昼休み」

え?だったら体育の時間から、もう2時間経ってんじゃん!
それに、夢の中で確か...

「ねぇ?男の子、さっきいなかった?」

「いなかったよー!」

誰だろ?確かあれ..キスされた気が..

ボッ

顔が熱くなり、赤くなった。

「え?えーーわぉ。桜那、大丈夫?」

「顔、真っ赤だよ?」

「だいじょーぶ。」

その日は、そのまま迎えが来て家に帰った。

それから、一ヶ月たって、私たちは、卒業式を迎えた。

「このひろいー♪このひろいー♪おおーーーーー♪ぞらにーー♪」

みんな泣いてる。そりゃあ泣くよな...

記念すべき一回目の卒業式。

私立中学いく人もいるし、転校する人もいる。

みんな大泣き。大洪水。

でも、私は、泣いていない。

悲しくない。

だって誰とも、知ってる人、仲いい人とは、離れないし、寂しくないから
...泣いていない。

「ねぇ、後で、謝恩会行くじゃん?その前に、教室来てくれない?」

と、秀が、言った。

「いいよ。」

もちろんいいに決まってる。

「ありがとう。でもちょっとまってて、すぐ行くから、これ振り切ったら...」

と、指さした方を見たら、ドドドドド、っと、後輩女子生徒が、走ってきた。

「秀先輩ー!ボタンくださーい!」

なるほど...

私は、秀に向かって微笑むと、教室へ向かった。

< 4/ 6 >