ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

中島くん、わざとでしょ

帰り道




結局、終わったのは8時。
外はもうすっかり真っ暗になっている。

皆、お疲れモードでそそくさと帰って行く。


気づけば生徒会室には灰田くんと私だけになっていた。



「お疲れさま」と小さく声をかけると、同じように返されて。




「上月さんのクラス、電気ついてんね」


視線をたどると、窓からクラス棟の明かりが見えた。

それだけ言うと、ニヤリと笑って私に背を向けた灰田くん。


その笑顔が何を意味しているのか気になったけど、待たせているという焦りが勝ってそのまま生徒会をあとにした。


< 168/ 320 >