ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

中島くん、わざとでしょ

甘え







授業に遅れはしたものの、規則なんてほとんど守られることがないこの不良校。
怒られることはなく、頭を下げながら自分の席についた。


隣がいないので気が散ることもなく、ゆったりとした気分で授業を受けて。

ときどき中島くんのぐったりとした顔が目に浮かんで、大丈夫かなと心配になる。




……昼休みになったら迎えに来てって。
午後からはまた、授業に戻るつもりなんだろうか。

あれだけ熱があるなら、絶対帰ったほうがいいのに。



ぼうっと考えていたら、いつのまにか授業は終わり。




「ねえ、やっぱり中島くんと付き合ってる?」


私の席に来るなり声を落として話しかけてくるミカちゃん。




「やっぱりって何……違うよ」

「手繋いでたじゃん」

「あれは、あっちが勝手に、」

「へぇ〜けっこう積極的なんだね中島くん」



私の言うことなんか無視で、勝手に話を進める。


< 107/ 320 >