ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

中島くん、わざとでしょ

口封じ




目を疑った。

時刻は午後4時半をまわったところ。




場所は裏庭、のさらに奥。


校舎の壁に頭をつけて、けだるそうに立っている人影。




そこにいたのは、クラスメイトの中島くんだった。




私が中島くんだと気づいたのと、彼が私の存在に気づいたのは、ほぼ同時。





「……あ」


と、一瞬おどろいた顔をしてみせたものの、彼は顔色ひとつ変えず。





「わお、 見つかっちゃった」


なんて、へらっとした笑顔をこちらに向けた。





「あんた、たしか俺と同じクラスだよね。そして生徒会メンバー。 うわあ、厄介だ 」





すぐに返事ができなかったのは、目の前の中島くんが、私の知ってる中島くんじゃなかったから。




< 1/ 320 >