ケータイ小説 野いちご

世界が色づくその瞬間

もう一人の友達

「お前に出会ったのはまだ小学生の頃だった。少し引っ込み事案だったお前は、母の後ろに隠れてい

たのをよく覚えているよ。でも、その時の俺は、お前と話す勇気がなかった……。そんな中、俺の横

を平然と通り君の前に立って声を掛けた子がいるんだ。そいつの名前は……。」

『石凪春斗(いしなぎはると)です!お友達になりませんか?』

「石凪春斗。元気に無邪気に笑うあいつが、俺たち三人を引き合わせ、そしてお前の初めての友達

だ…。」

私は、仁人の事を思い出すだけで精一杯なのに、私に友達がいたなんて全然覚えていない…?

「で、その石凪春斗くんは今どこにいるの?」

「……。」

仁人は、下をうつむき手を一の形にして上を指した。

「死んだよ。もう、この世にはいないよ。」

ドクンッ

心臓の鼓動が加速する。

ゆっくりと……ゆっくりと……。

……なんだろう?

この違和感…。

「ねぇ…?どうして…、死んじゃったの…?」

私は、背筋が凍りそうなくらい怖かった。

けど、最後まで聞かなきゃいけないと心のどこかでそう思っていた。

「……。よし!続きは明日話すよ!春斗のいる場所で!」

「え…!?もう、いないんじゃぁ……?」

「何言ってんだよ!あそこに行けばいつでも会えるって!」

あそこ……?

「明日放課後、下駄箱で集合な!」

そう言い、仁人は私の部屋から去って行った。

「私にもう一人の友達……。」

一人になった私は、そう呟き一人で窓の外から景色を眺めた。

「なんで、私覚えてないんだろう……?」

< 20/ 26 >