ケータイ小説 野いちご

世界が色づくその瞬間

新しい生活の中で

「おはよう。姫香。」

「お…おはよう。ひ…仁人。」

ここの来て初めてこの家に来て迎える朝。

なんだか、新しいことだらけで緊張するな……。

「え…!?これ、姫香が作ったの!?」

「え…?そうだけど、冷蔵庫のあまりもので作った感じだったけど使って大丈夫だった?」

「おう!全然大丈夫!……。」

すると、仁人はこっちを見て悪戯気に微笑んでいた。

「な…何…?」

「いや!普通にタメ口で話してくれて嬉しいなって思って!」

「そ…そんなこと言ってないで早く食べよう!」

そう言い、私たちは朝食をとった。

仁人と初めて食べる朝食はなんだか変な気分だ。

「どうした?俺の方ばっかり見て自分の全然食べてないぞ?」

「べ…別に!見てません!」

私は、そう言い箸を持ち食べ始めた。

……ん?

私は、この時味が分かっていて美味しかった。

いつもなら、味なんて分かんなかったのに…。

「味が分かる……。」

はっ!!

つい声に出してしまった!!

私は、仁人の方をゆっくり見ると普通に食べていた。

良かった、聞かれてないみたいだ……。

そう言い、私は食事を食べ続けた。

「なぁ……、姫香は今日予定あるか?」

「え…?来たばっかりだし予定なんてないけど……?」

「よし!!じゃあ、俺がこの町を紹介してやるよ!!」

と言われ、今日は新しい街の散策をすることになった。

< 10/ 26 >