ケータイ小説 野いちご

【完】今日も明日も、俺はキミを好きになる。

第2章◇幼なじみと偽彼
「宝物にする」







生まれてはじめて、彼氏が、できた。偽物の。


ピピピピピとけたたましく鳴り響くスマホのアラーム音に、私はぱちりと目を覚ました。


朝に強い覚醒した頭で、枕元にあるスマホを探す。

やがてシーツをかきわけていた手のひらが、スマホの感触を探し当てた。


顔の上に持ってきて、騒がしく喚きたてているアラームを止める。

と、一件のメッセージの着信に気づいた。


差出人の欄に表示される名前は──明希ちゃん。


< 63/ 428 >