ケータイ小説 野いちご

【完】今日も明日も、俺はキミを好きになる。

第1章◇終わりと始まり
「アンドロイドちゃん」







「高垣さん、通学方法調査票の提出、遅れちゃってごめんなさい……」


怯えたような声が自分にかけられているものだと気づき、私はそちらを振り返った。


見れば、クラスメイトの女子が、私と目を合わせないようにうつむき、プリントをこちらに差し出していて。


このプリントは、日直である私が集めて、先生の元に提出することになっているものだ。


今は昼休み。

遅れたと言っても、今日中に集めてくれればいいと言われているプリントだから、なんの問題もない。


「別に」


そう言いながら、プリントを受け取る。


すると、その女子は躊躇いがちに視線をあげながら、恐々といったように訊いてくる。


「お、怒ってる?」


「どうして? 私があなたに怒る理由なんてない」


まっすぐに目を見据えてそう答えれば、女子は顔を歪めたかと思うと踵を返し、その場を立ち去っていった。


< 2/ 428 >