ケータイ小説 野いちご

【完】今日も明日も、俺はキミを好きになる。

エピローグ







キラキラ、キラキラ……。


まるで笑っているかのように、水面が色を変えていく。

巨大な万華鏡のようなその景色は、水の膜の向こうに見える太陽のせいだ。



――ねぇ、大。私ね、君がいてくれたらそれ以外もうなにもいらないの。

どうしてあの頃みたいに笑ってくれないの?

君の一番近くにいさせて。



好きよ、大――。








< 1/ 428 >