ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

浮気してるくせに平然な彼

◆だから、放っておけない《翔side》




◆◇堀内翔side◆◇





俺にとって橋本美羽は、ただ後ろの席の子という認識しかなかった。





たまたま偶然、俺は橋本の前の席になった。





だからといって喋るワケでもない。今後も特に関わりなく橋本との関係性は終わるんだと思っていた。





…………………あの出来事に遭遇するまでは。





石田と松本が騒いでいたパンケーキ屋さんの位置を確かめた俺は、そのまま通りすぎようと思っていた。だけど、青ざめて後退る橋本を目撃した。





まるで事故現場でも見てしまったような、そんな顔をしている。





………………さすがに気にならないワケもなく、橋本が見ている目線を追って見てみるも、長蛇の列しかない。



< 73/ 377 >