ケータイ小説 野いちご

朧月夜

仲間






─雅…私の代わりに、この子達を…っ!






─先生!待って…!先生!!










─…ごめんね。









< 41/ 194 >