ケータイ小説 野いちご

朧月夜

朧月夜





「雅……雅…」




目を開けると、俺は横になっていたはずなのに立っていた。





そして俺の前に…







「先、生……」








先生が立っていた。









< 162/ 194 >