ケータイ小説 野いちご

朧月夜

再会







…女の泣き声が聞こえる。








「…ここは…」






目が覚めると、ベッドの上にいた。




俺が与えられた部屋ではない場所の。






…まだここに来て数日だからこの広い倉庫は把握しきれていない。







< 111/ 194 >