ケータイ小説 野いちご

リョウオモイ

先輩



ドス


「おっと、ごめん。大丈夫?」


そういって顔をのぞき込んでくるのは


「大丈夫です。すいません」


……誰だろう


「いや、こっちこそごめんね」


でもたぶん先輩だ


「いえ、では」


そこで終わるはずだった


「こーとーはーーーーー!」


名前を呼ばれなければ


「え?君が白石 琴葉ちゃん?」


なぜフルネームを知っているのだろう


「琴葉!おいてかないでよ!」


私は先輩をじっと見る


「あれ?日宮先輩?」


先輩も私を見ている


「日宮 星二 -ヒノミヤ セイジ- 先輩ですよね?!」


なぜか1人で興奮してる蘭那を見ると


「うん、そうだよ」


と、日宮先輩…?も蘭那を見ながら答える


「この人のこと知ってるの?」


と私が聞くと


「え!琴葉知らないの?!」


と驚かれた


「あ、うち須藤 蘭那です!」


うん、切り替えが早い、さすが蘭那


「で、こっちが白石 琴葉です」


ついでに私の名前も言ってくれた


「やっぱり!」


気が利くよね


「ってことはもう有名なんですね」


2人の会話はよくわからない


「君もね!てことで2人ともよろしくね?」


どこを繋げて てことで になったの?


「はい!」


まあいっか


「琴葉行こ!」


他人には興味を持たない


「うん」


いや、持てないのが私だから


< 9/ 16 >