ケータイ小説 野いちご

透明ジェラシー

第一章 欠落品と魔法の鏡


遠くから声がする。その声で読んでくれていたおとぎ話。今日は白雪姫にしよっかと言われるたびに胸を躍らせていた。


大好きな白雪姫のぬいぐるみを抱いて、横でお母さんが読んでくれるのが当たり前だった。うとうとする私に微笑み、頭を撫でて、眠りに落ちても必ず最後まで読んでくれていた。


懐かしい何かが胸の奥でじんわりと広がっていくような感じがした。


「……ちゃ……、千桜ちゃんっ!」


朦朧とする意識の中、重たい瞼を無理やり持ち上げた。霞む視界に映るのは焦ったように私を揺するお母さん。


あれ、私……。


「千桜ちゃん、聞こえるっ?大丈夫っ?」

「……大丈夫」


お母さんはほっと胸を撫で下ろした。ていうか、私いつのまに眠ってしまったのだろう。

< 23/ 27 >