ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。

幼なじみってカンケイ。




「おい、起きろもも」

日曜の朝だっていうのに、いきなり布団をガバッとめくられて起こされてしまった。


「……なに、しゅーと……」


まだ寝起きで頭が働いていない状態だっていうのに、目の前にいる愁桃は出掛ける満々って感じだ。

その予想は見事に的中。


「今から出掛けんぞ」

「えぇ……勘弁してよ。眠い」


どうせ、たいした買い物ってわけでもないくせに、愁桃はいつも休みの日に自分が暇な日わたしを連れてどこかに行きたがる。

それが昼からならまだしも、朝っぱらからってのがきつい。


どうせ断ってもしつこくされるだけだから、いつも渋々一緒に出掛けている。

とりあえず部屋から出てもらって、最低限の身支度を済ませて愁桃とショッピングモールに出かけた。


< 74/ 327 >