ケータイ小説 野いちご

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。

知りたいんだよ、天ヶ瀬くん。




朝のホームルームにて。

いつもと何も変わらず、席でボーッとしていたら。

ホームルームが終わった後。


「あ、今日の日直は…浅葉さんと天ヶ瀬くんね?日誌取りにおいでね?」


なんと、今日わたしと天ヶ瀬くんが日直のようです。


後ろをチラッと見るけど、頬杖をついて、窓の外を見ている天ヶ瀬くん。
いま先生が言ったこと聞いてたのかな?

って、思いながら仕方なくわたしが教卓まで日誌を取りに行った。


「はい、じゃあ日誌よろしくね?あと、たぶん前の日直のときにも頼んだんだけど、またプリントのホッチキス留めお願いできるかしら?」


「あ、わかりました。わたしから天ヶ瀬くんにも伝えておきます」


日誌を受け取って、自分の席に戻る。
1時間目が始まるまで、まだ時間があるので、後ろを振り向く。


< 307/ 327 >