ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。

天ヶ瀬くんを好きなワケ。




そもそも、なぜわたしが天ヶ瀬くんのことを好きなのかというと


そこには一つの理由があったりする。


あれはわたしが中学3年生の時。
この高校の受験を決めて、試験の当日の日のことだった。


今もそうだけど、家から学校まではバスで向かうしか手段がなくて。


その日、受験のためにバスを利用した。


朝早いこともあってか、バスの中は定員オーバーなんじゃないかってくらいの人の多さ。


特にサラリーマンの人たちが多くて。


それに乗らないと時間に間に合わなくてそのバスに乗り込んだ。


普段からあまりバスに乗る機会がなくて、しかも乗り物に酔いやすい上に、

人の多さで人混みにも酔いそう。


そう、ただでさえ、気分は最悪でこれ以上のことが何も無いように願っていたのに。


< 24/ 327 >