ケータイ小説 野いちご

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。

天ヶ瀬くんのホントの気持ち。




「はぁ……」


ある日のお昼休み。
ため息をついて、窓の外を眺めていたら、花音が心配して話を聞いてきた。


「どうかしたの?最近のももずっと浮かない顔ばっかりしてるけど」


ダブルデートをしてから数日が過ぎた。愁桃はわたしといつもと変わらず接してくれているけれど、どこか違和感がある。


天ヶ瀬くんとは、相変わらず何も話さず。

なぜあのときキスをしてきたのか、理由もわからず。


花音には、天ヶ瀬くんと別れたこと、愁桃と付き合い始めたこと全て話してはいるけど、あまり深くは話していない。


話すといろいろ複雑だし、心配をかけてしまいそうで。


「愁桃くんとうまくいってないの?」

「……う、ううん。そんなことないよ」


これ以上何かを聞かれると、答えられるような気がしなくて、お弁当に手をつけて、話題が変わるのをただ待つことしかできず。

結局、花音も深く聞いてはいけないと察してくれたのか、それから特に何も聞かれることはなかった。


< 231/ 327 >