ケータイ小説 野いちご

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。

捨てきれないまま。




時間の経過は早くて、あの日から2週間が過ぎようとしていた。


結局、あれから自分の口から告げた別れはあっさり受け入れられた。

おまけに、わたしはもう必要ないとまではっきり言われた。

最後まで、わたしのほうは見ず、あっけなく、関係は終わってしまった。

自業自得……か。


天ヶ瀬くんと別れてから、上の空状態が続いていて、正直自分が何をしていたのか、最近の記憶も曖昧なくらい。


もうすぐ愁桃が迎えに来るから、学校に行く支度をしなくてはいけないのに。

ベッドから身体を起こすことができない、力が入らない。

ただ、天井を見つめて、何も考えられない。


いや、何考えたとしても、それは天ヶ瀬くんのことばかりで……。

泣きそうになってしまう。


< 181/ 327 >