ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。

ぜんぶ、壊れてしまえばいいのに。




「あの2人別れたらしいよー?」


廊下から聞こえた女子たちの会話を耳にして、思わずドキッとした。

きっとそれはわたしに向けられた言葉ではないのに。


あの日から2週間くらいが過ぎた。
あれから天ヶ瀬くんとは一切口をきいていない。


このままズルズルこんな状態を引きずるのはどうかと思うけど、わたしから別れを切り出すきっかけなんか作れるわけがない。


今は放課後で、迎えに来る愁桃から逃げるために図書室に避難している。

最近1人でいると嫌でもいろんなことを考えてしまう。


「はぁ……」


このため息も今日で何度目だろう。

胸がモヤモヤして、重苦しい。


なんとかそれを晴らそうとして、外の空気を吸おうと窓を開けたら。


あぁ……もう。

見たくもない光景が視界を支配した。


< 165/ 327 >