ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。

引き離せないふたり。




「んー……!!完全復活!」


風邪が完全に治り、今日から学校に行けるようになった。


「おいおい、良くなったからってあんま調子乗んなよ?」

「もう完全に良くなったから大丈夫だもん」


今は愁桃と2人並んで、久しぶりに一緒に登校している。


いつもいつも、口癖のように送り迎えはいらないと言っているのに、今日は
病み上がりで心配だからという理由で一緒に登校。

これじゃいつまでたっても愁桃はわたしから離れてくれない。

何かと理由をつけてくるから。


あっという間に、学校に着き、愁桃と別れて教室に向かう。


そのとき考えてしまった…。
天ヶ瀬くんと会ったら、どうしようと。

同じクラスで、席も前後で。
関わることがないわけがない。


< 140/ 327 >