ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

想い人幸福追求者

想い人幸福追求者




好きな人がいる。9歳も歳上の、私のお兄のお友達。


数えれば、今年で10年になる。…彼へこの気持ちを抱いてきた年数は。



毎日がパーティーの様だったあの日々は、もう8年前の記憶として私や彼の心の中で眠ってしまった。


…大好きだった。想い人であるアイトくんは勿論、お兄やお兄の仲間のきっくん達、お姉ちゃんと過ごした、あの一瞬のようでとても長かった数年が。


ただただ本当に楽しくて、どうか終わってくれるな。と幼いながらに祈って、その影では終わる夢を見て泣いたこともあった。



_彼等の絆は本物だ。__けれど、やはり8年。少しの変化で大きく変わってしまう。



8歳だった私と双子の弟のあすかは、今年で17歳になった。


高校生だったアイトくんも今年で25歳になり、美容師という職業につくまでの成長を遂げていた。


どれほど変わって欲しくはないと願って見ても、やっぱりどうしようも出来なくて。


< 2/ 15 >