ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

フェイス

買い物

放課後になり、あたしは彩羽を誘って買い物に来ていた。


昨日の出来事であたしが落ち込んでいると思い込んでいる彩羽は、誘ったらすぐにOKしてくれた。


あたしたち2人がむかったのは、カナタ先輩にナンパされたあの場所だった。


またバッタリ会うかもしれないけれど、今度はナンパされるようなこともないだろう。


「今日は何を買うの?」


お店を見て回っている時、彩羽がそう聞いて来た。


「服を買おうと思って」


「いいねぇ。葉月はいつも地味な服だから、少し明るい色の服を着た方がいいよ」


あたしの私服姿を知っている彩羽はすぐにそう言って来た。


最近ではフェイス用の服も買っているのだけれど、もちろんそれは見せていない。


< 70/ 271 >