ケータイ小説 野いちご

フェイス


翌日、あたしはいい気分で学校へ来ていた。


けれどフェイスについては誰にも話せない。


親友である梓や彩羽にだって話せることじゃなかった。


もし話してフェイスのことが広まったりしたら、みんなが購入してしまうかもしれない。


そうなることは避けたかった。


「あれれ? 今日の葉月は可愛いね?」


梓がそう声をかけて来たのであたしは「そうかな?」と、首を傾げた。


「うん。新作リップ使ってる?」


さすが梓だ。


新作のメーク道具も把握していて、すぐに気が付く。


実は昨日服を買うついでにフェイスに合うリップも購入したのだ。

< 37/ 271 >