ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

フェイス

日曜日

それは日曜日のことだった。


自室でファッション雑誌を読んでいると玄関のチャイムが鳴る音が聞こえて来た。


リビングのドアが開き、お母さんが対応している声が聞こえてくる。


ふとカレンダーに視線を向けた。


あたしがフェイスを注文したのは4日ほど前のことだった。


コンビニで支払いをするとその日の内に発送されたというメールが届いた。


そろそろ到着する頃かもしれない。


そう思っていた時だった。


「葉月! 荷物が届いたわよ」


そんな声が聞こえてきて、あたしは勢いよく部屋を飛び出した。


< 22/ 271 >