ケータイ小説 野いちご

すきだってこと、しらないでしょ。

その存在
◇02◆

ーーー

ずっとそばにいて 誰よりもきみのこと知ってる
だけどそれはわたしの望む関係じゃなくて
ねぇ どうしたらいいの?
溢れるこの気持ちを伝えることができたらもっと楽なのに

ーーーー


…こんな時にこんな歌詞


タイミングってものがあるでしょうよ


『…はあ』


今の自分をそのまま表してるみたいで、
思わずため息がでた

< 9/ 135 >