ケータイ小説 野いちご

番外☆戦闘魔法少女は美少女揃いで最強です。

6人の休日!
さあ、海!

「海ーーーーーーーーー!!!!!!!!」

「きたーーーーーーーー!!!!!!!!」

上から私こと友香と、その下の叫びが澪です

うるさくてすみません・・・・・・と謝罪

えー、私たちはただいま、海に来ております!

青い海、灼熱に焼かれた白い砂浜

そして極めつけは海の家っ!

もう、最っ高!

「二人ともはしゃぎすぎよ。早く着替えて泳ぎたいのなら、さっさと行くわよ」

愛梨が呆れながら私たちを見てくる

愛梨の横には、肩から下げた手提げバッグからペットボトルの水を取り出して飲む花恋

さらにその横には、スマホでここの景色を撮影中のえりか

さらにさらに、その横には死んだ目の桜がいる

桜の目がヤバイ

レベルがヤバイ。すっごく死んでる

どんだけ泳ぎたくないんだ・・・・・・?

「そうだね、早く着替えちゃお!」

と言いつつ、パーカーをその場で脱いだ澪

パーカーの下は、水着だったらしく・・・・・・

「準備完了ー!」

「「「「はやっ!」」」」

澪のすばやさに全員でつっこんだ

いつの間に準備してたの・・・・・・

「え、そんなに早かった?」

「早いわよ!てっきり友香が一番乗りだと思ってたわ」

「ええ!?」

ちょっと愛梨、何気に酷くない?!

私、澪よりも子供なの?

「友香・・・・・・あなたも何気に酷いこと、言ってますわ」

「はっ、ごめん」

「うーん・・・・・・友香に言われるとはショック」

「え、酷いこと言い返された!」

< 16/ 23 >