ケータイ小説 野いちご

血まみれ椿姫

新学期

翌日は久しぶりの学校だった。


一ヶ月間着ていなかった制服に袖を通すと、防虫剤の臭いが鼻をついた。


これからまた毎日着ていれば匂いも自然と取れて行くだろう。


俺は学生カバンを持ち、家を出た。


いつもの通学路が今日は少し億劫な道のりに感じられる。


今日からまた毎日学校だという現実と、結局課題が少し出来ていない事が重たくのしかかってくる。


そんな気分を吹き飛ばすように、後方から元気な声が聞こえて来た。


「良真!」


聞きなれたその声に立ち止まって振り返ると、親友の中田城(ナカタ ジョウ)が走ってやってくるのが見えた。


城は俺と同じ新宮高校に通う2年生だ。


「お前、また日焼けしたか?」


城を見て俺は開口一番そう聞いた。


城は元々色黒だけれど、更にこんがりと焼けていい色になっている。

< 6/ 228 >