ケータイ小説 野いちご

血まみれ椿姫

先輩

「昨日は午後から綾菜とプールに行ったの」


そんな声が聞こえて来たのは放課後だった。


視線を移動させるとそこにはカバンを持った風花の姿があった。


綾菜とは風花の妹の名前だ。


小学生くらいまでは何度も一緒に遊びに行った事がある。


今中学2年生だ。


「風花は泳ぐのが好きなんだな。海でも思いっきり泳いでたもんな」


耳元でそんな呟きが聞こえて、俺は城の頭をはたいた。


男の気色悪い囁き声なんて聞きたくない。


「今度誘えよ」


俺が言うと、城が「はぁ!? できるわけねぇだろ!!」と、慌てたように左右に首を振った。


風花とは幼馴染なんだから、誘うくらいどうってことないだろうが。


そう言いかけたけれど、城にとっては険しい道のりがあるのだと思い、言わないでおいた。


「城、これから時間あるか?」


「あぁ。あるけど?」


首を傾げる城を誘い、俺は屋上へと向かった。

< 26/ 228 >