ケータイ小説 野いちご

冷たい彼は私に溺愛

長期休暇は危険です





「えー、今年の夏休みも一人一人が本校の生徒であることを自覚し………」



夏休み前日の終業式。


全校生徒がこの体育館に集まって校長先生の長い話を聞いていた。


みんな、暑そうにしている。


でも私は暑さなんて忘れ、ある1つの悩みを抱えていた。


それは本日の朝、家でお母さんに放たれた一言から始まる………







『遥。私ね、来週の月曜と火曜日の2日間、お父さんの出張について行くことにしたから、その間1人で家お願いね。』








私は一瞬固まった。


待って………私、2日間1人なの!?


『む、無理だよ!家事はできても夏の夜は怖くて無理!』


『遥、あんたもう高校生よ?
そろそろ1人でも平気になりなさい。


それが嫌なら友達に泊まりにきてもらうのもありだけどね。』


どれだけ断ってもお母さんの意思は変えてくれない。


結局私は渋々了解したんだけど………


やっぱり1人は無理!


と、いうことでただいま校長先生の話を右から左で聞きながら、そのことでどうしようかと悩んでいます。


とりあえず凛に聞いてみよう。


もしかしたら泊まりにきてくれるかもしれないし………。


そう思い、早く終業式が終わることを願った………。



< 96/ 286 >