ケータイ小説 野いちご

冷たい彼は私に溺愛

2人の本音を聞きましょう





ーー風のように過ぎ去った夏休みが明け、本日から学校が始まる。


「はーるか!」
「わっ!びっくりしたぁ。」


大輝くんと廊下を歩いて教室を目指していると、後ろから軽く突進された私。


突進してきた正体は凛だった。


「遥、すっごい久しぶりだね!
………あ、武本くんも。」


凛は明るく笑った。


いつも通り、元気で変わらないな。
ていうか、いつもより元気かも。


「さぁさぁ武本くん、遥は私がもらうわよぉ。」



ニコリ、と上機嫌で笑う凛。


「………めんどくせぇ。」


大輝くんは明らかにだるそうな顔をしていた。
いや、心の声がもれてますよ、大輝くん!


結局凛に腕を引かれ、大輝くんを置いていくような形で教室へと向かった私。




< 120/ 286 >