ケータイ小説 野いちご

ほんもの。

冷たい愛に、熱い唇。



終わるべくして終わるものがある。

滴るワインの香りに酔いそう。私はひとつの扉の前に立った。チャイムを押して、連続で押した。

「あーはいはい」

と言いながら出てきたのは安藤。

「え」

「シャワー貸して」

「ああ、はい」

開けて通してくれた。私はパンプスを脱いで家にあがった。
右だ、と後ろから声がかかって、すぐ右にある扉を横にスライドさせる。洗面所と脱衣所があった。

「お邪魔します!」

「今更な」

そう言った後に扉が閉められる。私は躊躇いもせずに服を脱いだ。





時間は三時間ほど前に戻る。


< 29/ 235 >