ケータイ小説 野いちご

ほんもの。

タネもシカケも、証拠も愛も。


その手を掴む。

握り潰してはだめだ。

大切に、そっと、丁寧に、掴む。

大事にしたいなら、ゆっくり愛せば良い。


目を覚ますと、薄暗かった。安藤が隣で眠っている。

こんなことは初めてで、安藤の寝顔をじっくり観るのも初めて。

いつも私より先に起きて、朝ごはんを作って新聞を読んでいる。

家柄も顔も良くて、身長も高くて、持ってないものの方が少ない。安藤はきっと恵まれてる。私もきっと恵まれてる。

お風呂を出てから、安藤母に会った。

『あの子に、彼女いるならちゃんと紹介しに来なさい。でないとお見合いさせるわよって脅したのよ』


< 176/ 235 >